住民・町会・自治体がつながる・広がる・楽になる

地域デジタル化をサポートする結ネット

◆地域ICTプラットフォーム「結ネット」プロモーション動画


【活動内容】

・スマホが苦手な高齢者団体を対象とした
出前スマホ講座教室開催

・シニア世代によるデジタル活用支援員を
募り養成から活動サポート

Placeholder image

地域課題の解決を支える地域ICTプラットフォームサービス「結ネット」


連合自治会・町内役員
自治体加入世帯
市町村行政関係部署
地域事業者商店街

◆地域課題解決のための導入事例

◆自主防災活用事例

結ネットアプリは、ひとつのアプリで平常時と災害時を併用できる今までになかったアプリです。
操作も簡単で地域コミュニティの担い手として皆さまの地域でも活用できます。


❑平常時

まちの回覧板・掲示板・町内放送機能として活用

結ネット 最新情報画面

最新情報画面

結ネット メニュー画面

メニュー画面

結ネット メニュー画面

お知らせ画面

❑緊急時

災害安否確認と避難要支援者救済機能から
災害後停電時に替わる新たな通信手段として活用

結ネット 最新情報画面

災害発生時画面

結ネット メニュー画面

安否確認画面


❑主な機能

・1世帯4名ログイン可能・・・離れて暮らす家族にもまちの情報共有
・外国語翻訳機能・・・16ヶ国語の言語にも対応できるため、外国人住民備え万全
・発信管理者は、配信先世帯の既読・未読の確認ができ、さらに出欠を確認する場合にも利用簡単集計可能
・写真・URL・PDF貼付配信やグーグルマップによる地図にもリンク可能
・自治体連携・・・自治体情報配信が行えるため、情報配信の公平性保持
・地域事業者連携・・・リヤルタイムに店の情報やお買い得情報の一斉配信可能(広告協賛費別途)

◆結ネットアプリの簡単操作方法

❑導入概算費用 (自治会・町内会・連合自治会・法人等)

(1)結ネット月次料金
①基本料金 3,000円~
世帯数(ID数)により基本料金は異なります。
②利用料金 1世帯@100円~
@単位は「1世帯」としての月額で、世帯主が発行する家族向 け ID は無料です。

(2)初期設定費用 (初年度のみ)
初期設定費用は、新規に結ネットを利用する際に必要です。内容は下記の通りです。
・メニュー画面専用化登録
・役職、班構成、自動翻訳外国語等設定
・メール転送(ガラケー対応)用発信側メールアカウントの発行・登録
・操作サポート及び操作マニュアル
※  上記、内容以外に組織への導入については、組織内世帯の一定の理解と同意が必要となることから
半年間試験運用期間を設定した組織の温度差を縮めるためのサポートも準備しています。
組織の現状をお知らせいただき包括的サポートを含め初期設定費用を決定させていただきます。

(3)派遣サポート対応費用
初期設定費用範囲外で操作説明等を必要とされる場合は別途費用が必要です。
※大阪府以外は別途交通費がかかります
※宿泊を伴う場合は別途宿泊費がかかります。

(4)その他費用
上記にない利用開始後の継続的包括的サポート等内容に応じて別途見積らせて頂きます。

❑導入手順

お問い合わせ 結ネットへの運用質問及び確認事項等メール及びオンライン等
確認事項→組織世帯数・組織班構成→見積概算
結ネット導入検討期間 結ネットアプリデモによる体感(無料)、結ネットアプリ機能質疑応答期間
結ネット実証実験期間
(最大半年)
結ネット導入前提実証実験(一部有料)
結ネット実証実験(開始から半年間)管理者ログイン~構成編集期間
結ネット導入協議 ➡結ネット最終見積提示
本格導入合否確認、但し不採用の場合は実証実験(一部有料)についてのご返金はありませんので予めご了承下さい。
結ネット本格運用 一般者のログイン開始及び運用開始

【平常時モードについての質問】

自治会役員は高齢者でデジタルが苦手なものばかりですが使いこなせるのでしょうか?
もちろんです。高齢者の皆様が使ってもらえる簡単な仕組みですのでご安心下さい。役員新メンバーに若い世代を加え、高齢世代と若い世代との融合から自治会活性化を図り頑張っておられる自治会もございます。
 
感染リスクを抑える目的もあり、電子回覧板の検討をしたいのですが相談に乗ってもらえないでしょうか。
電子回覧板は、感染リスクを抑える接触式から非接触式情報伝達は可能となりますが、導入には役員様の熱意と皆様のご理解が必要となりますが、既に承知されておられますか。その上でご相談させていただきます。
 
町内会総会の時期が近づいているのですが、何か機能はあるのですか?
はいございます。総会出席・議決権行使・委任の選択から議決権掲載からアプリ内から承認・否認が行われ集計できる機能もあります。
 
コロナ禍で班長会議が自粛続きで町会運営が停滞し困ってます。結ネットで何か代わる手段はないでしょうか?
結ネットからzoomを中継すればオンライン班長会議ができますよ。会議の主催者(役員様)のみが登録し、結ネットにURLを貼り付け日時とIDとパスワードをお知らせすれば、簡単にブラウザ上で会議に参加でき、zoomをインストールしていればIDとパスワードからも参加可能となります。まずは慣れることがデジタル町内会運営の第一歩です。役員様でお試し下さい。
 
簡易的なアンケートもできるのですか?
はい、例えば、「〇・✖」「あり・なし」「賛成・反対」「そう思う・思わない」「希望する・希望しない」「異常あり・異常なし」等、ご用意しています。
 
自治会役員ですが、年度の途中からでも導入することは可能でしょうか?
もちろんです。住民の皆様の同意を得ているのなら、現在の手作業と併用しながら実証実験期間(一部有料)を設けて徐々に周知することも可能です。
 
結ネット内での役員任期交代はどうすればよいのですか?
役員任期交代時に管理者(現役員)が一般会員(次期役員)に簡単に管理者に変更でき、自らを一般会員にすることで引継ぎ完了。あとは次期役員様が過去の前役員の発信記事を元に引用することができます。
 
パソコンから発信はできるのですか?
できます。管理者(役員)権限の方は、WEBブラウザからログインして、パソコンから記事発信や書類・画像の添付が簡単に行えます。
 
結ネットアプリをダウンロードしたのですが、ログインできないのですがどうすればいいのですか?
個人SNSと異なり、個人のログインはできません。あくまでも組織団体とした導入手続きが必要です。導入前提をお考えの役員様には、アプリ運用を実際に活用している町内会をご覧頂けますのでお申し付け下さい。
 
自治体の無料連絡アプリとの違いは何ですか?
自治体アプリは、募集型ログイン方式に対し、結ネットアプリは、地域共生型ログイン方式であり、自治体・町会・地域事業者情報を確認でき、後世の役員様に町会運営のプロセスをも引き継げるアプリです。
 
導入を考えているのですが、1世帯の費用は高いのでしょうね。
町会世帯数によって異なりますが、初期設定費用(初回のみ)・基本料金・利用料金が必要です。1世帯月額利用料金は@100円以内を想定しています。
 
自治体からの助成金の事例等ありますか?
自治体の温度差はありますが、デジタル時代に向けた市民サービス向上施策として、市民のデジタル推進活動を支援する助成等を既に開始している自治体もあります。一度、お住いの自治体にお尋ねになってみて下さい。
 
画面メニュー構成は選べるのですか?
結ネットは、お客様の運用二-ズに応じてメニュー画面をカスタマイズできます。活用サンプルから現状に最も近いメニュー画面を構成致します。
 
班別に発信できますか?将来的組織編成にも対応できるのでしょうか?
もちろんできます。全班から班別発信も可能です。現在の組織図から将来の組織編成及び役職編成も対応できます。
 
地元事業者から発信とありますがどうゆう事ですか?
地域事業者・地域のお店がアプリ内で宣伝広告が行えます。その際の広告宣伝費用は、自治会の収入となりアプリランニングコストを補うといった仕組みです。
 
1世帯で何人まで利用できるのですか?
世帯主以外4名まではログインできますが、地域には、1世帯に2世代・3世代同居しているご家族については個別に対応致します。
 
引っ越しに等による町内会退会については誰がどのように行うのか?
管理者(町会役員)が行えます。スマホから簡単に退会(ログアウト)することができます。
 
スマホが苦手な高齢者やスマホのない世帯についてはどのような対応がありますか?
ガラケー携帯にメール転送で連絡でき、スマホのないご家庭は、既存の回覧板を併用されています。しかし以前より配布数が少なくなり情報が早いと喜んでおられます。
 
外国人住民の対応はあるのですか?
外国語16ヶ国語の自動翻訳機能もあり、外国人住民の言語対応も行えますのでご安心下さい。
 
自治会総会参加集計や委任状の回収等を補う機能はありますか?
はいあります。これまでの総会参加・委任状回収等、総会実施に伴う一連の流れをシステム化しました。画面メニューに加える場合はお申し出ください。
 
結ネットのセキュリティについて教えて下さい。
基本メールやブラウザを利用しない独自設計により、セキュリティ面では堅牢な仕組みであり、自治会各世帯のみへのID発行と実名による利用のため、外部の方が入ることはできません。個人情報についてもいわゆるメールを前提としたシステムではありませんのでお名前のみでもご利用頂くことができます。さらに結ネット運営会社(開発メーカー)はプライバシーマーク認定企業であることから一定以上の要件を満たしていますのでご安心下さい。
 
結ネットアプリの導入メリットとデメリットはなんでしょうか?
地域の課題がデジタル化によって1つでも継続的解決ができればメリットではないでしょうか。デジタル時代が既に突入をしています。次世代に先送りすることは、地域高齢化により自治会解散の事態を招いた事例もあり、現在の運営様式と新しい運用方式を併用しながら徐々に進められてはどうでしょうか?
 
らくらくスマートフォンの使える機種を教えて下さい。
2017年2月発売の機種以降は Google Playがアプリインストールされ、自由にアプリを入れることができるようになりましたので、それ以降の機種では結ネットは使えます。
 
結ネットアプリを自治会役員で少し体験してみたいのですが何か方法はありますか?
結ネットデモ町内会及び実際の運用されている町内会にゲストとして入るご準備しています。ご希望の方はメールにてお問い合わせ下さい。
 

【災害モードについての質問】

災害アプリはいろいろあるが何が違うのですか?
災害アプリを咄嗟に使いこなせますか?日常使っているアプリを災害時に変身させることが災害時の有効な連絡手段であると考えます。
 
災害時モードの切替は誰がするのですか?
権限をもつ管理者(現役員)です。もちろん地域によっての運用方法は異なりますが、災害時の共助から犠牲者を最小限に抑えるといった意識が重要です。
 
コロナ禍における自主防災訓練に結ネットを活用されている事例はありますか?
Ⅿ5以上の地震を想定した自宅からの安否確認発信訓練等活用されています。これなら3密を回避させ、感染リスクを避けた自主防災訓練が実施できます。活用については防災部会等でご検討下さい。
 
安否確認とはどのようなものですか?また選択ボタンにはどのような内容があるのですか?
災害モード画面に切り替わり現状連絡を伝える内容として3つのボタンがあります。「問題なし」「連絡要」「至急支援要」各ボタンを選択し発信すると、管理者は町内各世帯の安否を一覧で確認することができます。
 
災害時にスマホが使えなく、安否を連絡出来ない場合はどうするのですか?
自身の安否を伝えられますが、伝えてられない場合は、人海戦術から未読者の位置情報によるピンポイント救助活動に役立ててもらいたいと考えます。
 
今までに通信障害で使えないことはありましたか?今後の対応について
アクセス集中で不通の可能性も極めて少ない仕組みを取り入れ、過去に結ネットが止まった事例はございません。引き続き万全なシステムであり続けるよう努めて参ります。
 
災害時にインターネット回線が使えない場合についての対策は何かあるのでしょうか?
東日本大震災でのインターネット活用は最も有効であると実証されていることから、自治体では、災害時には、地域のWi-Fiを災害時に広く開放することや大規模災害に備え、衛星通信・移動無線等様々な通信障害対策はもちろん考えられているようです。この機会に自治体及び危機管理室等へ対策について伺ってみてはどうですか。
 

ご使用のスマートフォンに合わせて、App Store または Google Storeで
結ネットアプリをダウンロード・インストールできます。

※iPhoneの場合は、App Storeで、Androidスマホの場合は、Google Storeで行います。

App Store Google Play

パートナー

レグテック ロゴ

地域組織支援クラウドサービス「結ネット」開発
株式会社シーピーユー
石川県金沢市西泉4丁目60番地

ステージフォー ロゴ

自治会ポータル「結ネット」アプリ運営
ステージフォー株式会社
北海道札幌市中央区北6条西16丁目1-23

神戸ネット企画 ロゴ

シニアのスマホ・タブレット利用のお助けマンです。
KOBEネット企画
兵庫県神戸市中央区熊内町7-6-1-2003

イーエスティートラベル株式会社 ロゴ

自治会ポータル「結ネット」アプリ導入支援
イーエストラベル株式会社
愛知県名古屋市天白区八幡山1520番地